wfxsfox55
水耕栽培の容器 はコメントを受け付けていません。

土を使わないで作物を育てる、そんな水耕栽培が今、多くの人に支持されています。やはり土を使わないというのは驚きですよね。では、土を使わないでどのような容器を使って作物を実際に育てるのでしょうか?現在、様々なメーカーから水耕栽培用の専用容器が発売されていますので、それを使うのが一番早いかもしれません。でも、自作で容器を作ることもできます。たとえば、ペットボトルの容器を使うことができるんですよ。飲料用のできれば2リットルのペットボトルを上下に切ります。そしてそれを組み合わせて使います。どうするかというと、切り取った上部の部分を反対向きにして、つまり注ぎ口を下に向けて、ペットボトルの切り取った下部の部分に重ねるんです。そうすると上段、下段ができます。下段の部分に水と液肥を入れ、上段に作物を入れ、作物の根っこは上段のペットボトルの注ぎ口を通して下段に垂らします。そうすると、根っこは水と液肥の中に入り、かつ注ぎ口の部分で作物は支えられるというわけです。

 

根っこにも酸素が必要

土を使わない水耕栽培ですが、プランターなどで植物を育てるとき、水をあげすぎると根腐れを起こしてしまうことがよくありますよね。そう考えてみると、根っこが水と液肥にずっと浸かっている水耕栽培は何故、根腐れを起こさないのでしょうか?植物は葉だけでなく、根でも呼吸をしています。根は植物を支え、水分や養分を取り込みますが、それだけでなく酸素を取り込む働きもしています。根腐れは、水によって土の中の湿度が高まり酸素が足りなくなることが原因の1つと考えられています。つまり、根はいつでも呼吸可能な状態にしておく必要があるのです。そうすれば根腐れは起きないということです。では水耕栽培の場合、どのように根が酸素を吸収できる状態にしておくのでしょうか?1つはエアーポンプを使うという方法です。熱帯魚の水槽のようにエアーポンプで水中に空気を送り込みます。もう1つの方法は根を空気にも触れさせる状態にするという方法です。この場合、根が乾かないように注意する必要があります。

Comments are closed.