wfxsfox55
培地を忘れずに はコメントを受け付けていません。

最近、ブームになっている水耕栽培ですが、本当に水だけで作物を育てることなんてできるの?土を使わないでどうやって育つの?と不思議に思われるかもしれません。実は水だけで育つわけではないんです。水のほかに作物に栄養分を補給させるための液肥が必要です。これはきちんと水耕栽培用の液肥がありますのでそれを使ってください。そのほかに培地が必要となります。

培地は、作物が倒れないように固定する役目を果たします。想像していただけると分かると思いますが、水耕栽培は水と液肥で育てますので、植物が根によって自身を支えることができません。そこで、培地が必要となります。逆に言うと培地はそのためだけの役割を果たします。培地から栄養を補給することはしません。それで、ハイドロボール(観葉植物でよく使われている茶色い小石)やバーミキュライト( 蛭石《ひるいし》を高温で焼き膨張させたもの)、スポンジなどを培地に使うことができます。こうした培地で支えてあげながら育てます。

ちなみに、これはネットのSNSで調べた情報ですが、SNSにもけっこう信頼性が高い情報や、貴重な情報がたくさん発見できるとわたしは思います。みなさんも是非、ネットで情報を集めて、そこで見つけた方法を実践してみてはいかがでしょうか?

Comments are closed.