wfxsfox55
専用の液肥 はコメントを受け付けていません。

最近、マンションに住んでいる人たちなどの間で「水耕栽培」がブームになっています。ベランダやバルコニーなどある程度スペースが限られていても作物の栽培を楽しめるのが、この水耕栽培の大きなメリットです。水耕栽培は土を使いません。その代わりに水と液肥を使って作物を栽培します。ここで注意したいのは、通常の液肥ではなく水耕栽培用の液肥を使う、という点です。何故かというと、水耕栽培は土を使いませんので、作物が育つ上で必要な土の働きがありません。

通常の液肥はこの土の働きを考慮した上で栄養配分されて作られています。でも、水耕栽培は土を使いませんので、必要な栄養がすべて液肥の中に含まれている必要があります。専用の液肥はそうした栄養配合になっています。つまり、本来土に含まれているはずの栄養素まで液肥の中に含まれているのです。それで、専用液肥を使う必要があるというわけです。水と液肥、そして植物が倒れないように支えるための培地(スポンジなど)があれば始められます。

Comments are closed.